マック(Mac)の開発環境の構築(1) - iTermとzsh

2019-10-14

新しいマック(Mac)に開発環境を構築してみようかと思います。マック(Mac)にiTermとzshを設定して新しいターミナル環境を構築します。

概要

新しいマック(Mac)に開発環境を最初から構築した内容を纏めてみようかと思います。このブログはシリーズです。開発環境の別の部分が木になる方は下記の内容を確認してください。

このブログでは新しいマック(Mac)にiTermzshを設定する方法について説明します。

iTermインストール

下記のリンクを押してiTermダウンロードページに移動します。

下記の画面が見えたら、Stable Releasesを押してダウンロードします。

マック(mac)の開発環境の設定 - iTermダウンロード

ダウンロードしたzipファイルを圧縮解除してインストールします。

マック(mac)の開発環境の設定 - iTerm full disk access権限

上のようにiTermでFull Disk Accessの権限を要請する時、右下のOpen System Preferencesを洗濯します。

マック(mac)の開発環境の設定 - iTerm full disk access権限設定

上のように親切な説明とSecurity & Privacyが実行されます。左下の錠前形を押して暗号を入力して修正できるようにします。

マック(mac)の開発環境の設定 - iTerm full disk access権限設定画面

上部のタプでPrivacyを洗濯して、左リストにあるFull Disk Accessを選択します。

マック(mac)の開発環境の設定 - iTerm full disk access権限設定iTerm選択

右の+ボタンを押します。Applicationsを移動して、iTermを選択してOpenを押します。

マック(mac)の開発環境の設定 - iTerm終了

上のようにiTermを終了するかを聞かれる画面が見えたらQuit Nowを押してiTermを終了させます。

iTermを実行して問題なく実行されるか確認します。

zsh

zshはターミナルをもっと使いやすくしてくれます。下記のリンクを押したら詳しく内容を確認することができます。

  • zsh公式サイト: zsh

zshの公式サイトを見たらインストール方法が下記のように表示しております。

マック(mac)の開発環境の設定 - zshインストール

インストールしたiTermやターミナルを開いて下記のコマンドを実行します。

sh -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/robbyrussell/oh-my-zsh/master/tools/install.sh)"

インストールが完了したら会のような画面が見えます。

マック(mac)の開発環境の設定 - zshインストール完了

iTermでzshをデフォルトで設定

iTermの基本的shellを使うようになっております。iTermが基本的zshを使うように設定します。

マック(mac)の開発環境の設定 - iTerm zsh設定

iTermを実行して左上にあるiTerms2 > Preferences...を選択します。

マック(mac)の開発環境の設定 - iTerm zshデフォルト設定

上のように設定画面が表示されたら、上部にあるProfilesのタプを選択します。右にあるCommand設定でCommandを選択して/biz/zshを入力して終了します。

また、iTermを実行したらzshが基本的実行されることを確認することができます。

iTermテーマ設定

iTermはたくさんのテーマ(Theme)があります。皆さんが好きなテーマを設定して使ったらいいと思います。ここにはiterm2-solarizedのテーマを設定する方法について説明します。

下記のリンクを押してテーマをダウンロードします。

上のリンクを選択したらテーマファイルの内容が見えます。command + sを押してダウンロードします。

マック(mac)の開発環境の設定 - zshテーマ設定

ダウンロード時下にあるFormatAll Filesで設定します。ファイルの後ろが.itermcolorsであるか確認します。

また、iTermのPreferencesを開きます。

マック(mac)の開発環境の設定 - iTermでzshテーマ設定

上のようにProfiles > Colorsを選択して右下にあるColor Preset... > import...を選択します。

上部でダウンロードしたSolarized Dark - Patched.itermcolorsファイルを選択します。

マック(mac)の開発環境の設定 - iTermでzshテーマSolarized Dark設定

また、Color Preset...を選択したら以前と違ってSolarized Darkが追加されたことが確認できます。Solarized Darkを選択してテーマを設定します。

Powerlevel9k設定

ターミナルでもっt詳しい情報を見るためPowerlevel9kを設定します。iTermを実行したら今は下記のように見ます。

マック(mac)の開発環境の設定 - iTerm

下記のコマンドでPowerlevel9kをダウンロードします。

git clone https://github.com/bhilburn/powerlevel9k.git ~/.oh-my-zsh/custom/themes/powerlevel9k

zshの設定ファイルは~/.zshrcです。このファイルを開いてPowerlevel9kを設定します。

vi ~/.zshrc

設定ファイルにテーマ設定部分を探します。

# Set name of the theme to load --- if set to "random", it will
# load a random theme each time oh-my-zsh is loaded, in which case,
# to know which specific one was loaded, run: echo $RANDOM_THEME
# See https://github.com/robbyrussell/oh-my-zsh/wiki/Themes
ZSH_THEME="robbyrussell"

テーマをZSH_THEME="robbyrussell"からZSH_THEME="powerlevel9k/powerlevel9k"に変更します。

iTermを再起動したら下記のような画面が見えます。

マック(mac)の開発環境の設定 - iTerm powerlevel9k

上のようにユーザ情報と?が見えます。?はフォントが設定されてないからです。下記のリンクを押してフォントダウンロードサイトに移動します。

上のリンクを押したら下記のように見えます。View Rawを押してフォントをダウンロードします。

マック(mac)の開発環境の設定 - iTermダウンロードフォント

ダウンロードが完了したらダウンロードしたフォントファイルを選択して実行します。

マック(mac)の開発環境の設定 - iTermフォントインストール

右下のInstall Fontを押してフォントをインストールします。インストールが終わったら、またiTermのPreferenceを開いてProfiles > Text > Change Fontを選択します。

マック(mac)の開発環境の設定 - iTermフォントインストール

上部でダウンロードしたMeslo LG M Regular for Powerlineを選択します。

マック(mac)の開発環境の設定 - iTermフォントインストール確認

iTermを確認すると上のような画面が見えます。

私はここでユーザ名がな長いからユーザ名を非表示するように設定しました。下記のコマンドを実行します。

vi ~/.zshrc

下記の内容を一番下へ追加します。

prompt_context() {}

または下記のように自分が好きな内容で修正することが出来ます。

POWERLEVEL9K_LEFT_PROMPT_ELEMENTS=(dir_writable dir vcs)
POWERLEVEL9K_RIGHT_PROMPT_ELEMENTS=(status time battery)

公式サイトにオップションについて詳しく説明があります。

また、iTermを実行したらユーザ名が非表示されたことが確認できます。

マック(mac)の開発環境の設定 - iTermユーザ名非表示

vscodeとの連動

zshでvscodeのcodeのコマンドを使えるように設定してvscodeには基本ターミナルをzshで設定する方法について説明します。

zshでvscodeのコマンド設定

下記のコマンドでzsh設定を

vi ~/.zshrc

一番下に下記の内容を追加します。

export PATH="$PATH:/Applications/Visual Studio Code.app/Contents/Resources/app/bin"

iTermを再起動して下記のコマンドでvscodeが実行されるか確認します。

code .

vscodeにzshを設定

vscodeを実行して右上のCode > Preferences > Settingsを選択します。

マック(mac)の開発環境の設定 - vscode zsh設定

検索バーへshellを検索してTerminal > Integrated > Shell: Osxの部分を/bin/bashから/bin/zshに変更します。

マック(mac)の開発環境の設定 - vscode zsh shell設定

上のような画面が出なくてEdit in settings.jsonボタンが表示される場合、そのボタンを押して下記の内容を追加します。

{
  "terminal.integrated.shell.osx": "/bin/zsh",
  ...
}

また、fontfamilyを検索してMeslo LG M for Powerlineを設定します。

マック(mac)の開発環境の設定 - vscode zsh font設定

vscodeのターミナルを実行したら、zshが実行されることが確認できます。

マック(mac)の開発環境の設定 - vscode zsh設定完了

Buy me a coffeeBuy me a coffee
Posts