バージョン生成

2019-05-23

gitのリポジトリ(Repository)でバージョン管理するためにバージョン(変更履歴)を生成してみましょう。

概要

以前のブログで(リポジトリ生成)でgitのリポジトリ(Repository)を生成する方法を勉強しました。今回は生成されたgitのリポジトリ(Repository)へバージョン管理をするためバージョン(変更履歴)を生成する方法に関して勉強してみましょう。

ファイル追加

gitのリポジトリ(Repository)が存在するフォルダ(temp_test_git)へバージョン管理したいファイルをコピーするか生成します。

私たちはテストのためtemp_test_gitフォルダへtest textを書いたtest.txtファイルを生成しました。

git status

gitのリポジトリ(Repository)の現在状態を確認するため下のgit statusコマンドを実行します。

git status

上のようにgit statusコマンドを実行したら下記のような画面が見えます。

git status

  • On branch master: 現在のブランチ(branch)はマスター(master)です。gitのブランチ(branch)に関しては別のブログポストで紹介します。
  • No commits yet: まだ、コミット(commit)をしてない状態です。コミット(commit)はバージョン(変更履歴)を意味します。まだ、バージョン(変更履歴)を作ってない状態を意味します。
  • Untracked files: gitがバージョン(変更履歴)管理をしてないファイルリストです。

私たちはまだgitにtest.txtファイルをバージョン(変更履歴)管理するように教えてくれませんでした。そのため、Untracked filesへ私たちが作ったtest.txtファイルが存在します。

git add

私たちが作った新しファイル(test.txt)をgitへバージョン(変更履歴)管理対象であることを教える必要があります。git addコマンドでgitへtest.txtフィルはバージョン(変更履歴)管理対象てあることを教えてみましょう。

# add single file
git add test.txt

# add multiple files
# git add test.txt test2.txt test3.txt

# add all files
# git add .

下記のようにgit statusコマンドでgitが新しく追加されたファイルがバージョン(変更履歴)管理対象で認識されてるかを確認します。

git status

下記のようにgit statusコマンドを実行したら先の画面とは違う画面が見えます。

git status after executing git add command

  • Changes to be committed: gitが次のバージョン(変更履歴)管理をするためのファイルリストです。私たちはファイルを新しく追加したのでnew filetext.txtが追加されたことが見えます。

このようにgit addを使ってファイルを追加するプロセスがある理由は今回のバージョン(変更履歴)へ追加したくないファイルが実際のプログラムを作成する時存在するからです。例えば、ビルドされた結果物、DBの情報、ID/PWが保存されてるファイルや臨時でログを表示するため作成したコード(console.log / printなど)が含まれていてバージョン(変更履歴)とは無関係な内容を区分するため使います。

git commit

私たちはgitにバージョン(変更履歴)へ追加したいファイルをgit adddコマンドを使って教えてあげました。しかし、実際バージョン(変更履歴)管理はまだ出来てないです。ただgitに新しファイルがあることを教えただけです。実際バージョン(変更履歴)管理をするためgit commitを使ってバージョン(変更履歴)を生成します。

git commit

このように```git commit``コマンドを実行したらバージョン(変更履歴)を生成する画面が実行されます。

git commit

この画面はvimと言うドキュメント編集ツールが実行された画面です。ドキュメントを編集するためキーボードでi(insert)を押して変更履歴の内容を作成します。

git commit with message

作成を完了したらキーボードのescボタンを押して:wq(write-quit)を入力して変更履歴を作成します。

git completed commit

変更履歴が作成されたら上記のようなメッセージが見えます。

git log

バージョン(変更履歴)が上手く生成されたかを確認するためgit logコマンドを実行します。

git log

上のようにgit logを実行したら現在作成したバージョン(変更履歴)を確認することができます。

git log

  • Author: バージョン(変更履歴)を作った人と作成者のメール(git configで登録したユーザー名とメール)
  • Date: バージョン(変更履歴)の生成日時
  • Dateの下にはgit commitを使って作成したメッセージが見えます。

ファイル修正の場合

ファイルを修正する場合も上記と同じ方法でします。まず、下のようにgit statusコマンドを使って現在の状態を確認します。

git status

まだ何も変更してないので変更内容がないとgitが教えてくれます。

git status no change

じゃ、test.txtファイルの内容をtest textからtest stringで修正してgit statusを実行してみましょう。

git status

今回は変更の内容があるため下記のような画面が見えます。

git status with modification

  • modified: 修正したファイルを意味します。

今度は```git addd``を使ってgitへ変更した内容があることを教えてあげます。言い換えれバージョン(変更履歴)へ記録するファイルを追加します。

git add test.txt

またgit statusで状態を確認します。

git status after commit

先とは違って文字も緑でno changes added to commit (use "git add" and/or "git commit -a")メッセージもないことが分かります。gitへバージョン(変更履歴)へtest.txtファイルを上手く追加したことが分かります。git commitを使ってバージョン(変更履歴)を生成します。バージョンメッセージ(変更履歴メッセージ)にはedit 'text' to 'string'と入力しました。

git commit

そしてgit logでバージョン(変更履歴)が上手く生成されたかを確認します。

git log

git log with new version

上のようにバージョン(変更履歴)が上手く生成されたことが確認できます。

要約

バージョン(変更履歴)を生成する方法について勉強しました。全般的に要約すると下記のようです。

  1. ファイル追加または変更
  2. git statusで追加または変更されたフィアるを確認
  3. git addでバージョン(変更履歴)へ追加したいファイルを登録
  4. git statusでバージョン(変更履歴)へ追加したファイルが登録されたかを確認
  5. git commitでバージョン(変更履歴)へメッセージを追加して生成
  6. git logで生成されたバージョン(変更履歴)を確認

上記のような方法で新しバージョン(変更履歴)を生成します。

Buy me a coffeeBuy me a coffee
Posts