iOSシミュレータ変更

2019-05-03

RN(react native)をiOSでシミュレータでテストする時シミュレータを変更する方法を紹介します。

概要

RN(react native)でアプリを開発する時いつも下記のコマンドでiOSを開発します。

react-native run-ios

開発する時は特に問題ないですが開発が終わって様々なデバイス(device)でテストしたい時はいつも不便でした。だから、コマンドを使ってシミュレータ(simulator)を変更する方法を紹介します。

iOSシミュレータ確認

現在使用可能なiOSシミュレータ(simulator)を確認します。

xcrun simctl list devices

シミュレータ変更

下のコマンドを使って使用したいシミュレータ(simulator)をRN(react native)を実行します。

react-native run-ios --simulator="iPhone 5s"

下記のコマンドリストはシミュレータ(simulator)を変更する例です。

react-native run-ios --simulator="iPhone 5s"
react-native run-ios --simulator="iPhone 6"
react-native run-ios --simulator="iPhone 6 Plus"
react-native run-ios --simulator="iPhone 6s"
react-native run-ios --simulator="iPhone 6s Plus"
react-native run-ios --simulator="iPhone 7"
react-native run-ios --simulator="iPhone 7 Plus"
react-native run-ios --simulator="iPhone 8"
react-native run-ios --simulator="iPhone 8 Plus"
react-native run-ios --simulator="iPhone SE"
react-native run-ios --simulator="iPhone X"
react-native run-ios --simulator="iPhone XR"
react-native run-ios --simulator="iPhone XS"
react-native run-ios --simulator="iPhone XS Max"
react-native run-ios --simulator="iPad Air"
react-native run-ios --simulator="iPad Air 2"
react-native run-ios --simulator="iPad"
react-native run-ios --simulator="iPad Pro"
Buy me a coffeeBuy me a coffee
Posts