react-native-firebase V6 Crashlytics

2020-10-02 hit count image

react-native-firebase(V6)を使ってFirebaseのCrashlyticsを使う方法について説明します。

概要

React NativeプロジェクトでFirebaseCrashlyticsを使うためreact-native-firebaseを使う方法にてついて説明します。

このブログポストはシリーズで作成されております。他の内容を確認したい方は下記のブログリストを参考してください。

react-native-firebaseの以前のバージョン(V5)を使う方法については下記のブログリストを参考してください。

react-natiev-firebaseのインストールや準備

下記のブログを参考してreact-native-firebaseをインストールして、Firebaseプロジェクトを生成します。

ライブラリインストール

下記のコマンドを使ってreact-native-firebaseCrashlyticsをインストールします。

npm install --save @react-native-firebase/crashlytics

下記のコマンドを使ってiOSプロジェクトへreact-native-firebaseのCrashlyticsを連結します。

cd ios
pod install

Firebaseプロジェクト設定

次はGoogleのファイアベース(Google Firebase)でプロジェクトへCrashlyticsを設定する必要があります。FirebaseのConsoleへ移動して、左のメニューでCrashlyticsを選択します。

crashlytics add sdk

上にあるAdd SDKボタンを押してSDKを追加します。そして、Crashlyticsのタイトル横にあるプロジェクトを選択してiOS/アンドロイドで変更して、Add SDKを押してiOS、アンドロイド、両方へSDKを追加します。

完了

これでFirebaseのCrashlyticsを使うため、react-native-firebaseライブラリを使う方法を説明しました。

crashlytics integration

react-native-firebaseでCrashlyticsをうまく設定して、React Nativeプロジェクトを実行すると、上のような画面が確認できます。

私のブログが役に立ちましたか?下にコメントを残してください。それは私にとって大きな大きな力になります!

Posts