アプリストアレビュー

2019-05-23

RN(React Native)プロジェクトでreact-native-rateを使ってアプリストアのレビューを作成するように誘導する方法について説明します。

概要

RN(React Native)でアプリを開発してリリースしたらアプリストアでレビューを作成してくれた方々が出ました。そのレビューをみたら開発したやりがいも感じるし、ユーザが必要な機能についても理解することができました。しかし、今までは特にアプリ中でアプリレビューを作成するように誘導してないのでアプリレビュー作成を誘導したらもっとたくさんのユーザのご意見を貰うことが出来ると思いました。

このブログではreact-native-rateライブラリを使ってRN(React Native)で開発したアプリからアプリストアレビュー作成を誘導する方法について説明します。

インストール

RN(React Native)でreact-native-rateライブラリを使うため、下記のコマンドでreact-native-rateライブラリをインストールします。

npm install react-native-rate --save

ライブラリ連結

ライブラリインストールが終わったら、下記のコマンドでreact-native-rateライブラリをRN(React Native)プロジェクトと連結します。

react-native link react-native-rate

使い方

下記のソースコードはreact-native-rate公式サイトの一部をコピーした内容です。

import Rate, { AndroidMarket } from 'react-native-rate'
...
render() {
    return (
            <Button title="Rate App" onPress={()=>{
                let options = {
                    AppleAppID:"2193813192",
                    GooglePackageName:"com.mywebsite.myapp",
                    AmazonPackageName:"com.mywebsite.myapp",
                    OtherAndroidURL:"http://www.randomappstore.com/app/47172391",
                    preferredAndroidMarket: AndroidMarket.Google,
                    preferInApp:false,
                    openAppStoreIfInAppFails:true,
                    fallbackPlatformURL:"http://www.mywebsite.com/myapp.html",
                }
                Rate.rate(options, success=>{
                    if (success) {
                        // this technically only tells us if the user successfully went to the Review Page. Whether they actually did anything, we do not know.
                        this.setState({rated:true})
                    }
                })
            } />
    )
}

このソースを見たらわかると思いますが、アプリレビュー作成を誘導したい時色んなオプションと一緒にRate.rate()を実行すればいいです。下のソースコードは実際私たちが使ってるソースコードの一部です。

import { Alert, AsyncStorage } from 'react-native';
import Rate, { AndroidMarket } from 'react-native-rate';
...
const isAlreadyRate = await AsyncStorage.getItem('isAlreadyRate');
const countStartApp = await AsyncStorage.getItem('countStartApp');
const count = countStartApp ? parseInt(countStartApp) : 1;
...
if (!isAlreadyRate && count % 3 === 0) {
  ...
  Alert.alert('App Rating', 'Please give us your opinion!', [
    {
      text: 'Later',
      onPress: () => console.log('Cancel Pressed'),
      style: 'cancel',
    },
    {
      text: 'OK',
      onPress: () => {
        setTimeout(() => {
          let options = {
            AppleAppID: '***************',
            GooglePackageName: '******************',
            preferredAndroidMarket: AndroidMarket.Google,
            preferInApp: false,
            openAppStoreIfInAppFails: true,
          };
          Rate.rate(options, success => {
            if (success) {
              AsyncStorage.setItem('isAlreadyRate', 'true');
            }
          });
        }, 500);
      },
    },
  ]);
}
await AsyncStorage.setItem('countStartApp', `${count + 1}`);

私たちはAsyncStorageにアプリレビューをしたかどうかを保存してアプリレビューをしたユーザはアプリレビューの誘導をしないように処理しています。また、アプリの実行回数が3の倍数の場合アプリレビューの誘導ダイアログを表示して既存のUXを邪魔しないようにしています。

上記で見たreact-native-rate公式サイトソースには色んな設定がありますが、私たちはiOSのアプリストアとアンドロイドのGoogle Playストアだけ使ってるので、AppleAppIDGooglePackageNameオプションだけ使います。AppleAppIDはアプリストアダウンロードリンクのURL後ろの部分を見るか、Appstore Connectにあるアプリ情報から確認することができます。

完了

アプリのロードマップも重要ですが、やはり一番重要なことはユーザのご意見じゃないかなと思います。ユーザがもっと簡単にご意見を伝えることが出来るように案内することもアプリ開発中で重要に考慮する項目じゃないかなと思います。react-native-rateを使って皆さんもユーザがもっと簡単に意見を出せるように誘導してみてください。

参考

Buy me a coffeeBuy me a coffee
Posts