react-navigation V5

2020-10-02 hit count image

react-navigation V5をインストールして使う方法について共有します。

概要

react-navigationのバージョン5は結構色々変わりましたね。V3とV4はちょっと似てる感じがありましたが、V5は全然違うNavigationを使う感じでした。だから、このようにreact-navigation V5に関するブログポストを作成することにしました。

以前のバージョン(V3, V4)に関して知りたい方は、以前のブログを参考してください。

react-navigationのV5に関する公式サイトは下記になります。

このブログポストではreact-navigation V5を使う方法について説明します。

react-nativeプロジェクト生成

ここで紹介するソースコードはtypescriptとstyled-componentsが適用されております。React Nativeへtypescriptとstyled-componentsを適用する方法に関しては以前のブログを参考してください。

react-navigation V5インストール

react-navigation v5ライブラリを下記のコマンドでインストールします。

npm install --save @react-navigation/native

また、 react-navigation v5を使うために必要なライブラリたちを下記のコマンドでインストールします。

npm install --save react-native-reanimated react-native-gesture-handler react-native-screens react-native-safe-area-context @react-native-community/masked-view

インストールが終わったら、iOSフォルダに行って、下記のコマンドを実行します。

# cd ios
pod install

追加的に必要なNavigationインストール

react-navigation V4からNavigationを使うためには、使いたいNavigationを別々でインストールしました。V5も同じように使いたいNavigationを使うためには追加的にNavigationライブラリをインストールする必要があります。

Stack Navigation

1つの画面の上に、他の画面を積み上げるように画面を遷移するNavigationをStack Navigationと言います。

React Navigation V5 stack Navigation

[イメージ: reactnavigation.org 公式サイト]

Stack Navigationを使うためには下記のコマンドで追加ライブラリをインストールする必要があります。

npm install --save @react-navigation/stack

Drawer Navigation

主にメニューで使うNavigationでユーザのSwipeアクションで画面に表示されるNavigationです。

React Navigation V5 drawer Navigation

[イメージ: reactnavigation.org 公式サイト]

Drawer Navigationを使うためには下記のコマンドで追加ライブラリをインストールする必要があります。

npm install --save @react-navigation/drawer

Bottom Tab Navigation

画面の下でTabで画面を切り替えるNavigationです。

React Navigation V5 bottom-tabs-demo Navigation

[イメージ: reactnavigation.org 公式サイト]

Bottom Tab Navigationを使うためには下記のコマンドで追加ライブラリをインストールする必要があります。

npm install --save @react-navigation/bottom-tabs

Material Bottom Tab Navigation

Bottom Tab Navigationと同じように画面の下でTabで画面を切り替えるNavigationです。ここにGoogleのMaterialデザインが適用されたNavigationになります。

React Navigation V5 Material Bottom Tab Navigation

[イメージ: reactnavigation.org 公式サイト]

Material Bottom Tab Navigationを使うためには下記のコマンドで追加ライブラリをインストールする必要があります。

npm install --save @react-navigation/material-bottom-tabs react-native-paper

このNavigationはreact-native-vector-iconsと言うライブラリが追加的に必要になります。react-native-vector-iconsをインストールする方法については下記のリンクを参考してください。

Material Top Tab Navigation

GoogleのMaterialデザインが適用されたNavigationで、画面の上でTabで画面を切り替えるNavigationです。

React Navigation V5 material-top-tabs Navigation

[イメージ: reactnavigation.org 公式サイト]

Material Top Tab Navigationを使うためには下記のコマンドで追加ライブラリをインストールする必要があります。

npm install --save @react-navigation/material-top-tabs react-native-tab-view

使い方

react-navigationを色んな方法が公式サイトに詳しく書いております。詳しい内容は下記のリンクを参考してください。

このブログでは公式サイトを参考して基本的な使い方をまとめたリポジトリ(Repository)を作りました。react-navigationを使う前にこのリポジトリ(Repository)を確認したら、基本的な構造を作る時、役に立つと思います。

このリポジトリ(Repository)に実装された内容を説明します。

react-native-gesture-handler

react-navigationを使うためにはreact-native-gesture-handlerをimportする必要があります。index.jsファイル、またはApp.jsファイル(react-navigationを使うコンポーネントのトップコンポーネント)を下記のように修正します。

import 'react-native-gesture-handler';
...

V4ではNavigationを使うためにはcreateAppContainerを最後に使わなきゃならなかったんです。


import {createAppContainer} from 'react-navigation';
...
export default createAppContainer(
  ...
);

V5でもV4と同じように最後にはNavigationContainerと言うコンポーネントを提供する必要があります。


import React from 'react';
import {NavigationContainer} from '@react-navigation/native';
...
export default () => {
  return (
    <NavigationContainer>
      ...
    </NavigationContainer>
  );
};

もう既に違さが見えますか?既存のreact-navigationは設定に近い感じでしたが、V5はReactのコンポーネントを使う感じです。

Auth処理

V4ではAuth部分を処理するためにcreateSwitchNavigatorと言うNavigationを提供してくれました。


import {createSwitchNavigator, createAppContainer} from 'react-navigation';
...
import AuthLoading from './AuthLoading';
import Auth from './Auth';
...
export default createAppContainer(
  createSwitchNavigator(
    {
      AuthLoading,
      Auth,
      MainNavi,
    },
    {
      initialRouteName: 'AuthLoading',
    },
  ),
);

createSwitchNavigatorは上のように使うことができます。AuthLoadingと言うReactコンポーネントでログインをチェックして、ログインができてない場合はAuth画面を、ログインされたら、MainNavi画面に遷移させました。

V5ではcreateSwitchNavigatorがなくなりました。上のようにAuthを処理するためには下記のようにreact-navigationを使う必要があります。


import React, {useContext} from 'react';
import {NavigationContainer} from '@react-navigation/native';
...
import {UserContext} from '~/Context/User';
...
export default () => {
  const {userInfo} = useContext<IUserContext>(UserContext);

  return (
    <NavigationContainer>
      {userInfo ? <MainNavi /> : <LoginStackNavi />}
    </NavigationContainer>
  );
};

V5ではcreateSwitchNavigatorがありません。その代わり、V5はV4とは違ってReactのコンポーネント形式なので、Navigationの中で直接ログインをチェックしてどの画面を表示するか決めます。 公式サイトでも上のような方法を案内してるので、参考してみてください。

Stack Navigation 使い方

react-navigation V5では下記のようにStack Navigationを使いました。


...
import {createStackNavigator} from 'react-navigation-stack';
...
const MainNavi = createStackNavigator({
  MainTab: {
    screen: MainTab,
    navigationOptions: ({navigation}) => ({
      header: null,
    }),
  },
  FullDetail,
});
...

react-navigation V5では下記のようにStack Navigationを使います。


...
import {
  createStackNavigator,
} from '@react-navigation/stack';
...
const Stack = createStackNavigator();
...
const LoginStackNavi = () => {
  return (
    <Stack.Navigator
      screenOptions={{
        headerStyle: {
          backgroundColor: '#f4511e',
        },
        headerTintColor: '#fff',
        headerTitleStyle: {
          fontWeight: 'bold',
        },
      }}>
      <Stack.Screen
        name="SignIn"
        component={SignIn}
        options={{
          headerShown: false,
        }}
      />
      <Stack.Screen
        name="SignUp"
        component={SignUp}
        options={{headerBackTitleVisible: false}}
      />
      <Stack.Screen name="ResetPassword" component={ResetPassword} />
    </Stack.Navigator>
  );
};

react-navigation V5でStack Navigation全部に共通的にプロパティを適用したい場合、 Stack.NavigatorscreenOptionsを使います。

逆に、各画面だけにプロパティを適用したいばあいは、Stack.Screenoptionsを使います。

上の例題ではよく使うHeader Barを隠すため、optionsheaderShownを使いました。


<Stack.Screen
  name="SignIn"
  component={SignIn}
  options={{
    headerShown: false,
  }}
/>

また、戻るボタンのタイトルを隠すため、optionsheaderBackTitleVisibleも使ってみました。


<Stack.Screen
  name="SignUp"
  component={SignUp}
  options={{headerBackTitleVisible: false}}
/>

Drawer Navigation 使い方

react-navigation V5では下記のようにDrawer Navigationを使います。


...
import {
  createDrawerNavigator,
  DrawerContentScrollView,
  DrawerItemList,
  DrawerItem,
  DrawerContentComponentProps,
  DrawerContentOptions,
  DrawerNavigationProp,
} from '@react-navigation/drawer';
...
const Drawer = createDrawerNavigator();
...
const CustomDrawerContent = (
  props: DrawerContentComponentProps<DrawerContentOptions>,
  logout: () => void,
) => {
  return (
    <DrawerContentScrollView {...props}>
      <DrawerItemList {...props} />
      <DrawerItem label="Logout" onPress={() => logout()} />
    </DrawerContentScrollView>
  );
};
const DrawNavi = () => {
  const {logout} = useContext<IUserContext>(UserContext);

  return (
    <Drawer.Navigator
      drawerContent={props => CustomDrawerContent(props, logout)}>
      <Drawer.Screen name="TabNavi" component={TabNavi} />
      <Drawer.Screen name="MaterialTabNavi" component={MaterialTabNavi} />
      <Drawer.Screen
        name="MaterialTopTabNaviStackNavi"
        component={MaterialTopTabNaviStackNavi}
      />
    </Drawer.Navigator>
  );
};
...

ここではLogoutの機能を実装するためちょっと複雑になりました。Logoutの機能を抜いて見ると下記になります。


...
import {
  createDrawerNavigator,
} from '@react-navigation/drawer';
...
const Drawer = createDrawerNavigator();
...
const DrawNavi = () => {
  return (
    <Drawer.Navigator>
      <Drawer.Screen name="TabNavi" component={TabNavi} />
      <Drawer.Screen name="MaterialTabNavi" component={MaterialTabNavi} />
      <Drawer.Screen
        name="MaterialTopTabNaviStackNavi"
        component={MaterialTopTabNaviStackNavi}
      />
    </Drawer.Navigator>
  );
};
...

Stack Navigationとすごく似てます。上の例題ではこの状態でLogoutと言う項目を出して、その項目を押すとログアウトされるようにしたので、少し複雑になりました。

Bottom Tab Navigation 使い方

react-navigation V5ではBottom Tab Navigationは下記のように使います。


...
import {createBottomTabNavigator} from '@react-navigation/bottom-tabs';
import Icon from 'react-native-vector-icons/MaterialIcons';
...
const Tab = createBottomTabNavigator();
...
const TabNavi = () => {
  return (
    <Tab.Navigator>
      <Tab.Screen
        name="TabFirstStackNavi"
        component={TabFirstStackNavi}
        options={{
          tabBarLabel: 'Frist',
          tabBarIcon: ({color}) => <Icon name="home" color={color} size={26} />,
        }}
      />
      <Tab.Screen
        name="TabSecond"
        component={TabSecond}
        options={{
          tabBarLabel: 'Second',
          tabBarIcon: ({color}) => (
            <Icon name="people" color={color} size={26} />
          ),
        }}
      />
      <Tab.Screen
        name="TabThird"
        component={TabThird}
        options={{
          tabBarLabel: 'Third',
          tabBarIcon: ({color}) => (
            <Icon name="message" color={color} size={26} />
          ),
        }}
      />
      <Tab.Screen
        name="TabFourth"
        component={TabFourth}
        options={{
          tabBarLabel: 'Fourth',
          tabBarIcon: ({color}) => (
            <Icon name="settings" color={color} size={26} />
          ),
        }}
      />
    </Tab.Navigator>
  );
};
...

上の例題ではTabのLabelとIconを別に表示するためにTab.Screenoptionsを使いました。


<Tab.Screen
  ...
  options={{
    tabBarLabel: 'Fourth',
    tabBarIcon: ({color}) => (
      <Icon name="settings" color={color} size={26} />
    ),
  }}
/>

Material Bottom Tab Navigation 使い方

react-navigation V5ではMaterial Bottom Tab Navigationは下記のように使います。


...
import {createMaterialBottomTabNavigator} from '@react-navigation/material-bottom-tabs';
import Icon from 'react-native-vector-icons/MaterialIcons';
...
const MaterialTab = createMaterialBottomTabNavigator();
...
const MaterialTabNavi = () => {
  return (
    <MaterialTab.Navigator>
      <MaterialTab.Screen
        name="TabFirstStackNavi"
        component={TabFirstStackNavi}
        options={{
          tabBarColor: '#281b39',
          tabBarLabel: 'Frist',
          tabBarIcon: ({color}) => <Icon name="home" color={color} size={26} />,
        }}
      />
      <MaterialTab.Screen
        name="TabSecond"
        component={TabSecond}
        options={{
          tabBarColor: '#0e141d',
          tabBarLabel: 'Second',
          tabBarIcon: ({color}) => (
            <Icon name="people" color={color} size={26} />
          ),
        }}
      />
      <MaterialTab.Screen
        name="TabThird"
        component={TabThird}
        options={{
          tabBarColor: '#E64A19',
          tabBarLabel: 'Third',
          tabBarIcon: ({color}) => (
            <Icon name="message" color={color} size={26} />
          ),
        }}
      />
      <MaterialTab.Screen
        name="TabFourth"
        component={TabFourth}
        options={{
          tabBarColor: '#524365',
          tabBarLabel: 'Fourth',
          tabBarIcon: ({color}) => (
            <Icon name="settings" color={color} size={26} />
          ),
        }}
      />
    </MaterialTab.Navigator>
  );
};

Material Bottom Tab Navigationを使う時はTab BarでIconを設定する必要があります。


<MaterialTab.Screen
  ...
  options={{
    ...
    tabBarIcon: ({color}) => (
      <Icon name="settings" color={color} size={26} />
    ),
  }}
/>

また、各タブを選択した時、タブの色を変更したい場合、tabBarColorを設定します。


<MaterialTab.Screen
  ...
  options={{
    ...
    tabBarColor: '#524365',
    ...
  }}
/>

tabBarIconは必須的に追加する必要がありますが、tabBarColorは必要な時だけ追加して使えばいいと思います。

Material Top Tab Navigation 使い方

react-navigation V5でMaterial Top Tab Navigationは下記のように使います。


...
import {createMaterialTopTabNavigator} from '@react-navigation/material-top-tabs';
...
const MaterailTopTab = createMaterialTopTabNavigator();
...
const MaterialTopTabNavi = () => {
  return (
    <MaterailTopTab.Navigator>
      <MaterailTopTab.Screen name="TabFirst" component={TabFirst} />
      <MaterailTopTab.Screen name="TabSecond" component={TabSecond} />
      <MaterailTopTab.Screen name="TabThird" component={TabThird} />
      <MaterailTopTab.Screen name="TabFourth" component={TabFourth} />
    </MaterailTopTab.Navigator>
  );
};
...
const MaterialTopTabNaviStackNavi = ({navigation}: DrawerProp) => {
  return (
    <Stack.Navigator
      screenOptions={{
        headerLeft: (props: StackHeaderLeftButtonProps) => (
          <IconButton
            iconName="menu"
            onPress={() => navigation.openDrawer()}
            color="black"
          />
        ),
      }}>
      <Stack.Screen name="MaterialTopTabNavi" component={MaterialTopTabNavi} />
    </Stack.Navigator>
  );
};
...

Material Top Tab Navigationは下記のように簡単に定義して使えます。


const MaterialTopTabNavi = () => {
  return (
    <MaterailTopTab.Navigator>
      <MaterailTopTab.Screen name="TabFirst" component={TabFirst} />
      <MaterailTopTab.Screen name="TabSecond" component={TabSecond} />
      <MaterailTopTab.Screen name="TabThird" component={TabThird} />
      <MaterailTopTab.Screen name="TabFourth" component={TabFourth} />
    </MaterailTopTab.Navigator>
  );
};

しかし、Notch DesignではNavigationが全部見えないです。

notch designでmaterial top navigationの問題

この問題を解決するため、Stack Navigationで庇って提供することをお勧めします。


...
const MaterialTopTabNavi = () => {
  return (
    <MaterailTopTab.Navigator>
      <MaterailTopTab.Screen name="TabFirst" component={TabFirst} />
      <MaterailTopTab.Screen name="TabSecond" component={TabSecond} />
      <MaterailTopTab.Screen name="TabThird" component={TabThird} />
      <MaterailTopTab.Screen name="TabFourth" component={TabFourth} />
    </MaterailTopTab.Navigator>
  );
};
...
const MaterialTopTabNaviStackNavi = ({navigation}: DrawerProp) => {
  return (
    <Stack.Navigator
      screenOptions={{
        headerLeft: (props: StackHeaderLeftButtonProps) => (
          <IconButton
            iconName="menu"
            onPress={() => navigation.openDrawer()}
            color="black"
          />
        ),
      }}>
      <Stack.Screen name="MaterialTopTabNavi" component={MaterialTopTabNavi} />
    </Stack.Navigator>
  );
};
...

Stack Navigationで庇って、提供すると、下記のような画面が見えます。

notch designでmaterial top navigationの問題解決

Drawer Open

普通にDrawer Navigationだけで使うと、下記のような画面が見えます。

React Navigation V5 drawer Navigation

上のように左からみぎにSwipeをしないとDrawer Navigationを確認することができないです。

しかし、普通はNavigationのHeaderへメニューアイコンがあって、そのアイコンを押すと、Drawer Navigationが表示されるように作ります。

このようにするため、Stack NavigationでNavigation Headerを表示させて、Headerの左にメニューアイコンを表示して、メニューアイコンを押すとopenDrawerと言う関数を使ってDrawer Navigationを開けるように実装しました。


...
import {
  ...
  DrawerNavigationProp,
} from '@react-navigation/drawer';
...
type TypeDrawerProp = DrawerNavigationProp<
  {
    TabNavi: undefined;
    MaterialTabNavi: undefined;
    MaterialTopTabNaviStackNavi: undefined;
    Logout: undefined;
  },
  'TabNavi'
>;
interface DrawerProp {
  navigation: TypeDrawerProp;
}
...
const MaterialTopTabNaviStackNavi = ({navigation}: DrawerProp) => {
  return (
    <Stack.Navigator
      screenOptions={{
        headerLeft: (props: StackHeaderLeftButtonProps) => (
          <IconButton
            iconName="menu"
            onPress={() => navigation.openDrawer()}
            color="black"
          />
        ),
      }}>
      <Stack.Screen name="MaterialTopTabNavi" component={MaterialTopTabNavi} />
    </Stack.Navigator>
  );
};

DrawerActions

上の例題ようにDrawer Navigationに直接連動された画面ではnavigationのPropsを使ってDrawerを開けることができます。 しかし、下記のようにDrawer Navigationへ直接連動されてない場合は、navigationのPropsを使ってDrawerを開けることができないです。


...
const MainTabs = () => {
  return (
    <BottomTab.Navigator tabBarOptions={{activeTintColor: 'black'}}>
      <BottomTab.Screen name="MyFeed" component={MyFeed}/>
      <BottomTab.Screen name="Feeds" component={Feeds}/>
      <BottomTab.Screen name="Upload" component={Upload}/>
      <BottomTab.Screen name="Notification" component={Notification}/>
      <BottomTab.Screen name="Profile" component={Profile}/>
    </BottomTab.Navigator>
  );
};
...
const MainNavigator = () => {
  return (
    <Drawer.Navigator
      drawerPosition="right"
      drawerType="slide"
      drawerContent={props => <CustomDrawer props={props} />}>
      <Drawer.Screen name="MainTabs" component={MainTabs} />
    </Drawer.Navigator>
  );
};

その理由はScreenで貰えるnavigationのPropsは直上のNavigationからPropsを貰うためです。上の例題ではMainTabにあるProfile画面のnavigation PropsはDrawer NavigationではなくBottom Tab NavigationのPropsになります。したがって、Profile画面はnavigation.openDrawer()を使うことができないです。

この場合使う物が、DrawerActionsになります。

Drawer Navigationの直下にはないけど、上のように上部にDrawer Navigationを使ってる場合、下記のようにDrawerを開くことができます。


...
import {DrawerActions} from '@react-navigation/native';
...
type NavigationProp = StackNavigationProp<ProfileTabParamList, 'Profile'>;
interface Props {
  navigation: NavigationProp;
}

const Profile = ({navigation}: Props) => {
  return (
    <ScrollView>
      ...
      <IconButton
        iconName="menu"
        onPress={() => navigation.dispatch(DrawerActions.openDrawer())}
      />
      ...
    </ScrollView>
  );
});

export default Profile;

上のようにnavigation.dispatch(DrawerActions.openDrawer())を使ってDrawer Navigationを開くことができます。これ以外にも下記の関数を使えます。

navigation.dispatch(DrawerActions.openDrawer());
navigation.dispatch(DrawerActions.closeDrawer());
navigation.dispatch(DrawerActions.toggleDrawer());

setParams / getParams

react-navigation Vでは下記のように画面間データのやり取りをしました。

...
navigation.setParams({
  showSearch: false,
});
...
const showSearch = navigation.getParam('showSearch');

react-navigation V5ではsetParamsは使えますが、getParamsは使えないです。

navigation.setParams({
  showSearch: false,
});

react-navigation V5ではgetParamsの変わりでroute.paramsを使います。

...
import { RouteProp } from '@react-navigation/native';
...

type ProfileScreenRouteProp = RouteProp<MovieNaviParamList, 'MovieDetail'>;
interface Props {
  route: ProfileScreenRouteProp;
}

const MovieDetail = ({ route }: Props) => {
  const { id } = route.params;
  ...
});

export default MovieDetail;

typescriptが適用されたからちょっと複雑に見えますが、

const MovieDetail = ({ route, navigation }) => {
  const { id } = route.params;
  ...
});

上のようにnavigation Propsと一緒にくるroute Propsを使ってデーターを取得します。

Typescript

react-navigation v5でtypescriptを使う方法について見てみます。

画面を切り替える時、使うnavigation Propsは下記のように使えます。

const Feeds = ({navigation}: Props) => {
  ...
  navigation.navigate('FeedListOnly');
  ...
});

この時、Propsは下記のように作成します。

...
import {StackNavigationProp} from '@react-navigation/stack';
...
// Stack Navigation
type NavigationProp = StackNavigationProp<FeedsTabParamList, 'Feeds'>;
interface Props {
  navigation: NavigationProp;
}

const Feeds = ({navigation}: Props) => {
  ...
  navigation.navigate('FeedListOnly');
  ...
});

上の例題ではFeedsTabParamListは同じStack Navigationでも使うので、@types/index.d.tsファイル生成して、下記のように修正します。

type FeedsTabParamList = {
  Feeds: undefined;
  FeedListOnly: undefined;
};

このStack NavigationはFeedsと言う画面とFeedListOnlyと言う画面を持ってます、画面を切り替える時、特に送るパラメータがないので、undefinedを入れました。

もし画面を切り替える時、パラメータが必要な場合は、

type FeedsTabParamList = {
  Feeds: undefined;
  FeedListOnly: {
    id: number;
  };
};

上のように必要なパラメータを定義して、

const Feeds = ({navigation}: Props) => {
  ...
  navigation.navigate('FeedListOnly', {
    id: 1,
  });
  ...
});

上のようにパラメータを送ることができます。このように複雑にしてる理由は送るパラメータのタイプを正確にチェックするためです。

上では、Stack Navigationを紹介しましたが、下記のように各NavigationことにPropsがあります。

import {BottomTabNavigationProp} from '@react-navigation/bottom-tabs';
import {DrawerNavigationProp} from '@react-navigation/drawer';
import {MaterialBottomTabNavigationProp} from '@react-navigation/material-bottom-tabs';
import {MaterialTopTabBarProps} from '@react-navigation/material-top-tabs';

使い方はStack Navigationと同じです。

type NavigationProp = BottomTabNavigationProp<FeedsTabParamList, 'Feeds'>;
type NavigationProp = DrawerNavigationProp<FeedsTabParamList, 'Feeds'>;
type NavigationProp = MaterialBottomTabNavigationProp<FeedsTabParamList, 'Feeds'>;
type NavigationProp = MaterialTopTabBarProps<FeedsTabParamList, 'Feeds'>;

route

上で説明しましたが、navigation.setParamsを使って画面間データのやり取りそすることができます。この時、データを貰う方はroute.paramsを使います。

このrouteパラメータを使うためには下記のようにtypescriptを使います。

...
import { RouteProp } from '@react-navigation/native';
...
type ProfileScreenRouteProp = RouteProp<MovieNaviParamList, 'MovieDetail'>;
interface Props {
  route: ProfileScreenRouteProp;
}

const MovieDetail = ({ route }: Props) => {
  const { id } = route.params;
  ...
});

export default MovieDetail;

ここではMovieNaviParamListも色んな画面で使うので、@types/index.d.tsファイルを作ってその中に定義してください。

type MovieNaviParamList = {
  MovieHome: undefined;
  MovieDetail: {
    id: number;
  };
};

完了

これでreact-navigation V5をインストールす方法と使う方法についてみてみました。V4だけずっと使って、V5を初めてみると、結構変わったことがあって、びくりしました。しかし、Reactコンポーネントを使う形になって、もっとReactに親和的な形で開発された感じがします。

既存で使ってる機能たちも全部実装できると思います。一旦react-navigation V4の例題で実装したものはreact-navigation V5の例題でも実装してみたので、react-navigation V5を使ってみようと思う方は下記の例題ソースを参考してください。

参考

私のブログが役に立ちましたか?下にコメントを残してください。それは私にとって大きな大きな力になります!

Posts