RubyのRange演算子

2020-08-21 hit count image

RubyのRange演算子について調べてみましょう。

概要

RubyのRange演算子について調べてみようかと思います。Range演算子は順番決めてある整数、アルパベット英語文字などで昇順範囲を作ることができます。

RangeはRubyのユニークな文法なので、よく知っておけば、色んなところで活用できます。

Range演算子の種類

Range演算子には.....があります。.....の違いは...は最後の要素が含まれてないことです。

Range演算子の使い方

Range演算子は下記のように使えます。

1..4
# 1, 2, 3, 4
1...4
# 1, 2, 3
"a".."c"
# a, b, c
"a"..."c"
# a, b

完了

Rubyは上のようにRange演算子というユニークな文法があります。Range演算子はループでよく使えるので覚えていきましょう。

(1...4).each do |i|
  puts i
end
# 1
# 2
# 3

case 79
when 1..50   then   print "low\n"
when 51..75  then   print "medium\n"
when 76..100 then   print "high\n"
end
# high

私のブログが役に立ちましたか?下にコメントを残してください。それは私にとって大きな大きな力になります!

Posts